2016-12-26

お正月のお飾りいつ飾ればいい?

クリスマスが終わった瞬間に、街中が一気にお正月モードに切り替わりますね!

早いお店や会社はクリスマスの夜からもう、玄関に門松を立てていました。

 

お正月のお飾りは、26日からスタート!

お正月飾りを取りつけるのに、避けたい日があります。

29日と31日は、飾りつけはNGとされているので、クリスマス後、お正月の花を飾っていい日は26日、27日、28日、30日の正味4日です。

飾りつけがNGな日と理由

29日

9=“苦”が、末(まつ)についているので「苦が待つ」

または、2×9(苦)で「二重苦」

と取れるので、縁起が悪いとされて、避けられます。

 

31日

「一夜飾り」といって、お正月の前日にギリギリで準備するのは、やっつけ仕事のようで神様に失礼!と、やはりNGとされます。

この手の慣習は地方によって諸説あるので、中には30日も「晦日」なので、「大晦日」と同じくNGとする地域もあります。

 

飾るのにおすすめの日

逆に28日は、8が“末広がり”でよい日とされます。

28日、遅くとも30日までには、お正月飾りは済ませるのがいいというのが今時の一般的な説でしょうか。

できたら家の中のお掃除が終わって、1年の埃をはらった後で。神様をお迎えする場所は、ピカピカに磨きあげて整えてから、お飾りを取りつけます。

 

お仕事をお持ちの方だと仕事納めの後、お正月休みに入ってからようやく自宅の大掃除に取りかかる方も少なくないと思うので、その場合は30日に飾りましょう。

 

お正月のお花は、一番大切なお華です。

たとえば『門松』

門松は、新しい年の歳神様を「わが家にいらしてください」とお迎えする目印として立てるものです。

自宅に神様(=幸福)を招き入れるために、「今年一年、家族そろって幸せに過ごせるように」と祈りを込めて、玄関先に神様に立ち寄っていただく場所を準備します。

門松に使われる松は、神様が宿る木。神様に家の中に留まっていただくための依り代(よりしろ)の役目をします。

門松だけなく、家の中にお正月のお花を生ける時も、神様が座りやすいように、松は中心にまっすぐと、しっかり立てて飾るのが”決まり”です。

 

松でなければいけない理由

自然と共存して暮らしていた私たちの祖先は、石や山と同じように、木にも神様を観て、崇(あが)めてお祀(まつ)りしました。

植物に宿る力を信じて、家と家族を護ってもらうために家の中に常に神様の存在が欲しいと思った昔の人たちは、一番神聖な場所として「床(とこ)の間」を作って、木や植物を招き入れました。それが、いけばなの起源です。
 

日本やお正月に限らず、例えば世界共通のクリスマスツリーなども同じ意味を持っています。

木に宿る神様のパワーが欲しくて、木を切って家の中に招き入れ、キラキラと飾り立ててお祭り(=お祀り)したのがクリスマスツリーの始まり…

自然に真摯に向きあって、自然と共に暮らしていた古代の人は、木たちがそれぞれ持っている固有の力や霊性をよく知っていました。

門松には松、クリスマスツリーにはモミ、その木でなければいけない理由があります。

 

お正月のお飾りや、お正月花にも、それぞれその花や木が選ばれて、使われるわけがあります。

普段は花を生けたり、植物と暮らしながらそんなことはあまり考えないかもしれませんが、新しい年を迎える新鮮で、神聖な気分の中で、ほんの少し頭のすみに置いて…

植物たちに「1年間よろしくお願いします」と祈りを込めながら、お正月飾りを飾ってみてください。

植物たちはきっと全力で、たくさんのサポートのパワーをくれるはずです。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。