2016-06-25

初めての木の友達

樹木との交信と”エネルギー”のお話

 

 

花と私の物語、第8話。

お華をいけながら花の”エネルギー”を考える時、やはり樹木から受け取るエネルギーの方が(樹木と言っても、いけばなで使うのは、木の一部の“枝”ですが)切り花より、強くてわかりやすいかなと個人的には感じます。

あとは、やはり土に根のついている方が、パワーが強いですね。


今、私には大の仲良しの“サルスベリ”という木がいるんですけど・・このコとの出会いから仲良くなるまでのプロセスを、お話ししてみたいと思います。

不思議な話だなと思われるかもしれませんが、お花や木たちと仲良くなる、なにかの参考になれば。

 

お友達のサルスベリくん


3、4年程前でしょうか・・

今住んでいる家の前に大型マンションが建てられて、住人向けのオープンスペースとして、庭が作られました。

住民以外もその庭を通り抜けられるので、私も綺麗に整えられた花や木を眺めながら、毎日駅まで歩くようになりました♪


まだ、全長1メートルくらいの赤ちゃんの木がたくさん植樹されていて・・

その中に、とても特長のある木を見つけたんです!
枝の一部が、親指と人さし指で”OK”の形つくったように丸まっている。

ぐんぐん大きく育って行く、木。
その丸まった節はどうなるのかな~と、おもしろくて、前を通る度に注目するようになりました。

たくさんの苗木が植えられている中で、その木にだけ、前を通るたびに必ず意識と好奇心を向けていたんです。

 

何カ月くらい経った頃だったでしょうか・・

私の腰のあたりまでの高さだったその木もだいぶ立派になった頃、

あれれ?と感じたんです。

この木、私を意識してるなぁ〜と!


その時にはもう、だいぶお花(植物たち)のエネルギーというものを感じられるようになっていたので‥ピンっと来ました!


毎日私が、前を通る度に「おもしろいな~」とじーっと凝視してワクワクと感情を動かしているのを感じて、その木にとっても、私という「人間」ががちょっと特別な存在になっていたんでしょうね。

 

それからしばらくは、お互いに意識はしながら、何となく素っ気なくする‥まるで、「毎朝電車の同じ車両に乗って顔を覚えてる人と、すれ違ったけど他人なので特に挨拶せずに無視する」ような、そんな微妙な意識交換が続きました。笑


まだ私にも、「木と友達になる」という発想がなかったので、どうしていいかわからなかったんです。

 

でも前を通る度に、そのぎこちない空気感がだんだんと不自然に思えて来て‥

ある日、思いきってこちらから挨拶してみることにしました!
声には出さず、頭の中で「こんにちわ~」って。

それをきっかけに、毎日声をかけるようにしていたら‥

今では、そのサルスベリくん、前を通ると毎日「おかえり~」って言ってくれるようになりました!

落ち込んで帰った日は、励ましてくれたり。

 

植物からのサイン


すっかり大きくなって、首を倒して見上げないと幹の先が見えないくらいになった頃、私がいつも下を通り過ぎる位置に、枝を一本張り出してくれるようになりました。

他の枝はもっと高い位置にあるのに、その一本だけが、急な角度で下に向かって伸びていて‥ちょうど、枝の先が私の頭の上ギリギリ、2センチくらいのところに来るんです。


そのサルスベリは、夏になると、綺麗な綺麗な白い花をつけるのですが、頭の真上のその枝の上で、揺らして見せてくれます。

 

「揺れる」のは、植物の発するサインです。

経験上、植物って「揺れて」メッセージを伝えようとすることがよくあります。

あきらかに、風も吹いていなくて、何か振動を起こしたわけでもないのに揺れている時は(部屋の中でも、気づいたら、切り花がなぜか揺れている時があります)

お花や木たちはなにか伝えようとしているので、少し意識を向けて、その小さな声に耳を傾けてあげてください。


木と仲良くなりたい人のために、ポイントをまとめておきます。(花も共通です。)

★こちらの感覚アンテナをいつも立てておく

★「仲良くしてね♪」とエネルギーを発信する

★その木の性格を見極める

 

樹木にも、それぞれ性質というか性格があります。

中には無断で触れられるのを嫌がる木もいるので…
「触らせてくださいね」と伝えてから触った方が、木たちも心の準備ができてびっくりしません。

 

神社などで、御神木に触ってパワーをいただきたいことがありますよね。

杉などは霊性の高いパワーのある木なので、ある程度は無断で触りまくられても大丈夫ですが(それに、前回お話ししたように植物は自分たちの役割をわかっていて、それを務めようとするので)やっぱり、ことわってからの方がこころよく触らせてもらえて、パワーも少し多めに分けてくれる気がします。


もし、「木と友達になることに、何か意味があるんですか?」と思われる方がいらっしゃったら、「これからの時代、今後ますます生きる上で必要になります」とお答えします。

気づいている人たちはもう、意識して、その感覚を磨いています。

 

次回は、花に向き合う上で一番重要な『ある通過点』のお話をします。

いけばなのお稽古を10年ほど続けた頃、「ああ、お華の奥義はこれなんだな」と、その地点に到達しました。そこを越えると、本当の意味で花を「極めた」といえるようになります。

 

花と私の「出逢い」の物語は、次回で最後です。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。